常置研究部会

トップページ常置研究部会 > 民家部会
民家部会

2013年 民家部会 主査・幹事

【主査】

丸山俊明(京都美術工芸大学)

【幹事】

大場修(京都府立大学)

【幹事】

八木雅夫(明石工業高等専門学校)

 

民家部会は本会歴史意匠部門の中にあって、主に庶民住居の歴史を研究し、その成果を社会へ普及することを活動目的としている。建築史学の立場から、遺構と史料による実証を目指すとともに、伝統的な民家が滅失していく中で、対象の拡大や研究視座の多角化を、研究発表会等の開催を通じて進める。また適時、民家見学会を実施し、民家の保存活用についても考えていく。


新着イベント


お知らせ


2012/05/23
平成23年度活動報告