インフォメーション

トップページ > インフォメーション
インフォメーション

シンポジウム「銅スラグ細骨材を使用したコンクリートの動向と研究の現状」【CPD 4単位(申請中)】 【NEW】

更新日時:2019.03.27 22:40


日本建築学会近畿支部材料・施工部会                       【CPD:4単位(申請中)】
シンポジウム「銅スラグ細骨材を使用したコンクリートの動向と研究の現状」

主催:日本建築学会近畿支部(企画:材料・施工部会) 共催:大阪兵庫生コンクリート工業組合

後援:日本コンクリート工学会近畿支部、土木学会関西支部、和歌山県生コンクリート工業組合、
(予定)  奈良県生コンクリート工業組合、京都生コンクリート工業組合、滋賀県生コンクリート工業組合、
        大阪広域生コンクリート協同組合、近畿生コンクリート圧送協同組合、コンクリート用化学混和剤協会、
        日本建築協会、近畿建築士会協議会、大阪建設業協会、日本建築構造技術者協会関西支部、日本建築材料協会、
        日本建設業連合会関西支部、大阪電業協会、日本建築家協会近畿支部、関西建築構造設計事務所協会、
        日本建築士事務所協会連合会近畿ブロック協議会、建築設備技術者協会近畿支部、大阪府設備設計事務所協会、
        日本建築積算協会関西支部、大阪空気調和衛生工業協会

【主旨】当支部材料・施工部会では、2016 年から2 年間、住友金属鉱山(株)からの委託により「銅スラグ細骨材
          (以降「CUS」)の建築用コンクリートの適用性」について、特別研究委員会を設置して研究活動を
           実施してきた。同時期に、大阪兵庫生コンクリート工業組合および日本コンクリート工学会近畿支部において
           もCUS に関する研究活動が実施されており、これらの研究成果を一同に報告する場として本シンポジウムを
           開催する。
           併せて、基調講演として、日本建築学会から2018 年12 月に発刊された「フェロニッケルスラグ骨材または銅
           スラグ細骨材を用いるコンクリートの調合設計・製造・施工指針・同解説」の要点解説、日本鉱業協会における
          CUS 等副産物骨材に関する取組みを紹介する。関係各位の多数の参加をお願いしたい。

[ シンポジウム内容]                         司会: 山田 藍 ㈱竹中工務店(部会幹事)
挨  拶      (一社)日本建築学会近畿支部常議員(事業委員長)  角田 耕一   (13:30~13:35)
主旨説明              ㈱淺沼組技術研究所(部会主査)   山﨑 順二   (13:30~13:35)
【基調講演】
      講演1. 日本建築学会「フェロニッケルスラグ骨材または銅スラグ細骨材を用いる      (13:45~14:35)
                 コンクリートの調合設計・製造・施工指針・同解説」の要点東京工芸大学陣内浩
      講演2. 日本鉱業協会「銅スラグ細骨材またはフェロニッケルスラグ骨材を使用した     (14:35~15:05)
                   コンクリートに関する取組み」日本鉱業協会立屋敷久志
                        同上岸本和彦

― 休憩― (15:05~15:25)

【研究委員会活動報告】
      報告1.日本建築学会近畿支部特別調査研究委員会                    (15:25~16:15)
           「銅スラグ細骨材の建築用コンクリートの適用性に関する研究」に関する委員会報告
                        大和ハウス工業㈱(部会委員) 伊藤尚子
                          ㈱竹中工務店(部会幹事) 岩清水隆
      報告2.大阪兵庫生コンクリート工業組合                          (16:15~16:45)
               「銅スラグ細骨材の活用に関する調査研究WG」における実験結果報告新関西菱光㈱児玉寛
                          加美コンクリート㈱森内隆裕
      報告3.日本コンクリート工学会近畿支部「銅スラグ細骨材の土木用コンクリートの適用に    (16:45~17:15)
                    関する研究専門委員会」における実験結果報告関西大学鶴田浩章
                    宇部三菱セメント㈱小山宣幸

総  評   「銅スラグ細骨材など副産物有効利用を指向して」                    (17:15~17:30)
                             大阪工業大学中村成春

日時:2019 年3 27 日(水) 13:30~17:30(予定)

場所:大阪科学技術センター4階404号室(大阪市西区靭本町1-8-4)

定員:90 名(申し込み先着順)

参加費:主催/後援団体の会員:2,500 円、その他:3,000 円(資料代含)※会場にて徴収します。

申込方法:下記の【 イベントの申し込みはこちら     】からお申込みください。

申込先・問合せ先:日本建築学会近畿支部TEL.06-6443-0538 / FAX.06-6443-3144

*** 本シンポジウムの基調講演1では日本建築学会「フェロニッケルスラグ骨材または銅スラグ細骨材を用いるコン
      クリートの調合設計・製造・施工指針・同解説」を参照する予定です。書籍が必要な方は上記指針を事前購入の
      上、会場にご持参下さい。 会場では、書籍(指針)を販売しませんのでご注意ください。