新着イベント

トップページ > 新着イベント
新着イベント

2018年12月11日(火) 第64回構造力学コロキウム『長周期パルス性地震動に対する建築物の挙動と対策』開催のお知らせ

開催日時:2018.12.11 15:00


--------------------------------------------------------------------------------------------------

第64回構造力学コロキウム『長周期パルス性地震動に対する建築物の挙動と対策

--------------------------------------------------------------------------------------------------

概要――2016年の熊本地震では,3秒付近に卓越成分を持つパルス性の地震動が初めて観測された.このような地震動に対しては,免震構造や高層建物に大きな変形が発生することが予想される.長周期パルス性地震動に対する建築物の挙動の特長とその対策について議論を行う.

主催――近畿支部構造力学部会

日時――2018年12月11日(火) 15:00~18:00 

会場――立命館大学大阪梅田キャンパス(大阪富国生命ビル5階)

          〒530-0018 大阪市北区小松原町2-4
            (会場案内) http://www.ritsumei.ac.jp/osakaumedacampus/access/

講師――

杉野未奈 (京都大学)

 パルス性地震動の特性化と建物応答の分析」

 

藤田皓平(京都大学)

 断層近傍地震動を特性化したダブルインパルス入力を用いた免震建物のロバスト性評価」

 

鈴木芳隆(小堀鐸二研究所)

 「熊本地震で被災した工作物の復旧のための検討」

 

参加費―部会会員無料,部会会員外2,000円,学生無料(資料が必要な場合は1,000円)

 

申込先―京都大学 藤田皓平(fm.fujita@archi.kyoto-u.ac.jp

 

 

        2016年の熊本地震では,3秒付近に卓越成分を持つパルス性の地震動が初めて観測された.このような地震動に対しては,免震構造や高層建物に大きな変形が発生することが予想される.長周期パルス性地震動に対する建築物の挙動の特長とその対策について議論を行う.