常置研究部会

トップページ常置研究部会建築論部会 > 建築論部会 新着イベント
建築論部会 新着イベント

平成28年度 日本建築学会近畿支部建築論部会 若手小部会企画 講演会

開催日時:2016.05.14 14:00


會田涼子氏(近畿大学建築学部助教)講演会
19世紀フィレンツェの首都化における意匠性の表出―建築家ジュゼッペ・ポッジによる都市改造計画をとおして―」 

本発表は、19世紀半ばのフィレンツェにおいて建築家ジュゼッペ・ポッジによって主導された都市改造に関するものである。1861年のイタリア国家統一の後、一時的に首都となったフィレンツェにおいて実施された都市改造のうち、都市中心部の対岸にあたるアルノ川左岸の丘陵地における計画であるコッリ大通りとミケランジェロ広場、右岸の市門周辺の改造を事例とし、首都化に伴うインフラの整備が具体的にどのように行われたか、イタリア国家統一という文脈の中で首都化がなされていたということが、都市改造にどのように反映しているか、またフィレンツェという都市の固有性であるルネサンス文化が近代都市改造においてどのような関連していたかを、ポッジが設計した各計画の意匠性に着目してみていく。 

主催ー日本建築学会近畿支部建築論部会 
企画ー日本建築学会近畿支部建築論部会若手小部会 
日時ー2016年5月14日土曜日 14:00~16:45(開場 13:30) 
定員ー入場無料 定員40名先着順 
会場ー大阪大学中之島センター 303講義室(大阪市区中之島4-3-53) 
問い合わせー一孝(大阪大学) ikko0707[at]gmail.com

ご案内チラシ(PDF,1,007KB)