常置研究部会

トップページ常置研究部会鉄骨構造部会 > 鉄骨構造部会 お知らせ
鉄骨構造部会 お知らせ

2016年度第1回研究会報告

更新日時:2016.10.06 22:21


日本建築学会近畿支部鉄骨構造部会

2016年度 第1回研究会報告

テーマ:『鋼構造における床スラブの役割』

 

   2016年度 第1回研究会は,『鋼構造における床スラブの役割』という題目で実施致しました。

   鋼構造建物は,一般に鋼部材による骨組だけでは成立せず,屋根および床スラブが貼られてこそ建物の構造体となります。床スラブは一般に鉄筋コンクリート造で,梁に対しては合成効果を発揮し,また,架構間の水平力伝達経路となる耐震要素でもあり,建物の剛性・耐力に少なからず影響を及ぼす重要な構造要素です。これらを設計段階で的確に評価するための情報を共有する目的で,まず3名の構造設計実務者から現状の取り組み事例について話題提供を,次いで3名の研究者から「RC床スラブが梁端接合部の耐力と変形能力に及ぼす影響」,「面内せん断力の伝達に着目した水平構面の要求性能」,「建築床の鋼製化の提案と課題」と題して最近の研究成果ならびに床スラブ自体に鋼を寄与させる研究事例等をご紹介いただき,最後にメーカーの方からデッキプレートの概要と設計の考え方についての現状をご教示いただきました。

   研究会には47名の参加があり,盛況のもとに終えることができました。ご講演いただいた講師の方々ならびに本研究会に参加された方々に御礼申し上げます。

 

鉄骨部会主査 多賀 謙蔵

プログラム:

1.構造設計実務における現状の取り組み事例

(1)「床スラブ工法の選択とモデル化の現状」

                                        軸丸 久司(日建設計)                        13:35~13:55

(2)「平面的・立面的に不整形な形状の建物における動的・静的なスラブ移行せん断力の評価と設計」

                                        九嶋壮一郎(竹中工務店)                     13:15~14:35

(3)「床スラブを利用した鉄骨小梁半剛接合工法の構造性能」

                                        木村 正人(大林組)                            13:55~14:15

2.「RC床スラブが梁端接合部の耐力と変形能力に及ぼす影響」

                                        松宮 智央(近畿大学)                        14:35~15:15

 

******************** 休 憩 ********************           15:15~15:25

 

3.「面内せん断力の伝達に着目した水平構面の要求性能」

                                        聲高 裕治(京都大学)                        15:25~16:05

4.「建築床の鋼製化の提案と課題」

                                        中安 誠明(新日鉄住金株式会社)      16:05~16:45

5.「デッキプレートの概要と設計の考え方」

                                        石丸  亮(日鐵住金建材株式会社)  16:45~17:15