常置研究部会

トップページ常置研究部会 > 建築史部会
建築史部会

【部会組織】

主査:鈴木智大(奈良文化財研究所)

幹事:安田徹也(竹中大工道具館)

 

これまでの組織

【建築史部会の目的】

建築史部会では、歴史的建造物とその背景にある社会や技術の解明を目的に研究活動をおこなう。歴史的建造物が集中し、重層する近畿の特徴を活かしながら、議論を深め、社会への発信を推進する。