常置研究部会

トップページ常置研究部会 > 基礎構造部会
基礎構造部会

本部会は、1976年に構造系部会として設置され,建築基礎構造についての理論・実験報告・設計、施工事例等に関する研究活動を行っている。

年間10回の部会を開催し、テーマの発表と質疑討論,見学会を行っている。

また,兵庫県南部地震から15年目の節目を迎えた2010年には、当部会内に「耐震基礎委員会」が発足することとなり,翌年には「地震被害から見た建築基礎構造の設計・施工上の留意点」と題する報告書を刊行し、報告会を行った。さらに、20年目を迎えた2015年には、「液状化対策研究会」を設立し、関西地方における液状化による被害の実態や対策の効果について、「関西地方における液状化の被害と最近の対策工法」と題する報告書を刊行し報告会を行なうなど、建築基礎に関する活発な活動を続けている。

● 主査 : 細野 久幸(株式会社 SDネットワーク)

● 幹事 : 岩佐 裕一(一般財団法人 日本建築総合試験所)

● 幹事 : 新井 康輔(株式会社 能勢建築構造研究所)

 

● 委員名簿

● 年度別活動報告

● 出版物

「関西地方における液状化の被害と最近の対策工法」 2015年3月

「地震被害からみた建築基礎構造の設計・施工上の留意点」 2010年9月